水中ばっ気撹拌機

広範囲撹拌と均一撹拌に『ばっ気』をプラスして、公害のない環境づくりに貢献出来る装置です。
フジ・サブジェットレータ・アトマイズタイプは、省エネ型「ばっ気装置」を装着しています。 この装置は中速回転の特殊インペラと、同軸に取りつけたコーンにより供給された空気を 効果的に微細化し、小動力の電動機でも吐出する水量と酸素移動量は大きく撹拌力は 抜群です。 なお、嫌気槽には空気を吹き込まない様にすることで簡単に対応できるため、一般の ばっ気撹拌は勿論、農業集落排水の回分槽、原水調整槽の撹拌、微ばっ気(少量の空気)での撹拌など幅広い撹拌用途 に応用できます。

特長

  • 酸素移動効率が高い省エネ型

    独特の下吹出し構造により、送気量の広い範囲で酸素移動効率が高くなるため、従来の 散気式に比べて送気量を大幅に低減できます。尚、邪魔板を空気供給管出口に取付け、 コーンの回転との相乗効果で、空気をより微細化し、酸素移動速度をより一層高めます。

  • 下吹出し構造で撹拌力は大

    空気の散気位置がインペラ下流側にあり、またインペラの水力性能が優れているため、 送気量に左右されることなく一定の循環水量が得られ、水槽底部の広い範囲の流動化 が大です。

  • 腐食に強いSUS304製

    標準で接液部材質は全てSUS304を採用し、水中機械なので従来より、腐食に対しては 注意を払っています。

  • 攪拌とばっ気双方に対応

    撹拌とばっ気の双方に対応可能で送風機の運転、停止操作や空気配管中のバルブの開閉操作だけで、好気と嫌気の双方 に兼用できます。
    好気と嫌気の双方運転の場合でもコーン方式のため全く目詰まり致しません。(構造図参照) あらゆる形状の水槽に適応できます。
    二次公害は一切ありません。
    水中撹拌式のため、騒音がほとんどなく、静かで衛生的です。

サブジェットレーター・アトマイズ型の構造

主要構造は、減速機付水中電動機、インペラ、コーン、ドラフト、邪魔板付空気供給管より構成されています。
水はサクションドラフトの上方から下向に吸い込まれ、吐出しドラフトの外周部からほぼ水平方向の放射状に広がる水流となって、水槽底部に吐出しされます。(構造図はガイドパイプ方式)

①減速機付水中電動機 ②インペラ ③コーン ④ドラフト ⑤邪魔板付空気供給管

サブジェットレーター・アトマイズ型の構造図
サブジェットレーター・アトマイズ型の構造図2

槽内フローパターン比較

ばっ気

ばっ気イメージ図
  1. 放射状の水平流が槽底上に吐出される。
  2. 気泡浮上に伴い上昇流となるが吸込流水のため、上昇流は槽中心に集まる。
  3. 水面では槽中心から放射状に流れる。
  4. 槽壁付近で下降流が発生する。
  5. 槽底部に達した後、上昇流に合流する。

撹拌

攪拌イメージ図
  1. 放射状の水平流が槽底部に吐出される。
  2. 槽壁付近で上昇流となる。
  3. 水面では槽中心に集まる流れとなる。
  4. 槽中心で下降して吸込まれる。

仕様

弊社型式 電動機出力
kW
送気量
m³/min
酸素移動量 kgO²/h
(清水20℃溶存酸素濃度Omg/l)
吐出水量
m³/min
適用槽
汚泥濃度4000ppm時
設置水深
3mの場合
設置水深
4mの場合
設置水深
5mの場合
設置水深
6mの場合
有効水深
m
最大容量
最大平面積
M²(水深5m時)
SJRA-101LS 0.75 MIN0.6 1.8 2.2 2.6 2.8 14.1 3~6 125 25
MAX1.1 2.8 3.4 3.8 4.4
SJRA-102LS 1.5 MIN1.2 3.7 4.3 5.0 5.5 21.3 3~6 250 50
MAX2.5 5.9 7.0 8.0 8.9
SJRA-103LS 2.2 MIN1.8 5.4 6.3 7.3 8.0 26.7 3~6 360 72
MAX3.0 7.6 9.0 10.2 11.4
SJRA-105LS 3.7 MIN2.5 7.6 9.1 10.9 11.6 36.7 3~6 600 120
MAX5.0 12.1 14.9 17.1 19.0
SJRA-1075LS 5.5 MIN4.0 11.6 14.0 15.9 18.1 46.7 3~6 900 180
MAX7.0 17.2 20.5 23.9 26.1
SJRA-1010LS 7.5 MIN5.0 15.1 17.8 19.9 23.2 56.4 3~6 1200 240
MAX9.0 22.2 26.8 31.0 34.5
SJRA-1015LS 11 MIN5.0 18.7 22.3 25.4 28.4 70.8 3~6 1800 360
MAX11.0 27.9 33.2 37.9 42.3
(注記)
  1. 吐出方向は、下向噴射式です。
  2. 送気量は、MIN(最小)~MAX(最大)の範囲内で選定して下さい。
    MIN(最小)より少ない送気量の酸素移動量は、酸素移動図の延長線上で読み取り下さい。
  3. 酸素移動量は、約10%の変動がありますので、余裕を見込んで選定して下さい。
  4. 適用槽の諸条件(最大容量・最大平面積)は、槽底部の平均最小流速が約0.1m/s以上になる値です。
SJRA型流速(4000mg/l)図

型式

型式図
  • ばっ気装置型式
  • 電動機容量
  • モータ絶縁階級

    {L-E種絶縁 , H-H種絶縁}

  • 本体材質

    {S-SUS304 , S6-SUS316 , F-SS/塗装
    塗装はタールフリーエポキシ  SUS316:SUS316Lも製作可}

  • 取付方式

    {P-ガイドパイプ方式 , 無記入-直置式}

性能曲線

性能曲線1
性能曲線2
性能曲線3
性能曲線4
性能曲線5
性能曲線6
性能曲線7

(3)・(4)・(5)・(6)の数字は設置水深(m)です。
★上図は商業電源運転時の酸素移動量を表わします。
(清水20℃、MLDO=0)
★酸素移動量は水温、槽形、流入水質等により10%程度の変動があります。
送気量は余裕をもって選定下さい。MAXの90%以内で御使用下さい。

フレキシブルホース型

フレキシブルホース型図
型式 電動機出力(kW) A B C D G W 本体重量(kg)
SJRA-101 0.75 Φ660 813 500 370 50A 750 150
SJRA-102 1.5 Φ720 923 600 410 65A 800 190
SJRA-103 2.2 Φ820 982 630 460 65A 900 250
SJRA-105 3.7 Φ920 1030 650 515 80A 1000 320
SJRA-1075 5.5 Φ950 1170 700 545 100A 1050 460
SJRA-1010 7.5 Φ1000 1250 730 570 100A 1100 650
SJRA-1015 11 Φ1050 1148 850 620 125A 1150 750

ガイドバイブ方式

ガイドバルブ型図
型式 電動機出力(kW) A B C D G W 本体重量(kg)
SJRA-101 0.75 Φ660 813 50A 370 50A 900 130
SJRA-102 1.5 Φ720 923 65A 410 65A 960 150
SJRA-103 2.2 Φ820 982 65A 460 65A 1060 200
SJRA-105 3.7 Φ920 1030 80A 515 80A 1180 300
SJRA-1075 5.5 Φ950 1170 100A 545 100A 1270 440
SJRA-1010 7.5 Φ1000 1250 100A 570 100A 1300 600
SJRA-1015 11 Φ1050 1148 125A 620 125A 1400 700