吊り上げ装置

吊り下げ装置図1

<例:SJR1010・SJR1075用>
この度水中撹拌機等を槽より吊出す際に大変便利なキャスター付きの門型キャリーを発売致しましたのでご案内致します。
仕様は下記の通りで、組み立てには大人2人~4人で約5分程度と非常に手軽に組み立てられます。
保管時には付属のスパナでボルト12本を取り外し簡単に分解出来コンパクトに収納できます。

吊り下げ装置図2
吊り下げ装置図3
吊り下げ装置図4

仕様例 (材質及びサイズは変更可)

吊り上げ荷重 500kg
揚程 フック下2800mm
材質 SS400+塗装(口50×50パイプ)メッキ・ステンレス
キャスター φ65~φ150 × 自在型 (ブレーキ付き)
外形寸法 スパン 2600mm × 幅 1200mm × 高さ 3030mm
塗装色 5G7/3.5 フタル酸樹脂系塗料
組み立て用ボルト SUS304 M16の六角ボルト、ナットセット各8個付属
重量 全重量 約80Kg 最大部材重量 約25Kg
付属品 専用スパナ 2本

※写真のチェーンブロックは装置に含みません。

組立手順

組み立て作業は2人以上で行ってください。
また、作業スペースを十分取って作業してください。

  1. 流れ1のイメージ画像

    1番上になるフレームを床に寝転がして、その状態で下側になる足を両側、キャスターの座の向きに注意して取り付ける。

    (ボルト、ナットは完全に締付けず、手締め程度。)

  2. 流れ2のイメージ画像

    上側の足を両側、取り付ける。

    (ボルト、ナットは完全に締付けず、手締め程度。)

  3. 流れ3のイメージ画像

    足間の張りを取り付ける。

  4. 流れ4のイメージ画像

    全てのボルト、ナットを締めた後、起こして完成。

    (ボルトサイズは全てM16、工具は24のスパナが2本)